トレーニング

論文覚書

【論文覚書】5週間の暑熱トレーニングがエリートサイクリストのヘモグロビン質量を増大させた実験結果

暑い中での練習は通常の練習に比べてパフォーマンスが下がるし、嫌いな選手は多い。 僕は夏は好きだけれども、うだるような暑さの中で飲み物が尽き、干からびながら自転車にのってコンビニを探すときのつらさというのはほかの何にも代えがたい。 ...
論文覚書

【論文覚書】自転車に特化したアイソメトリックレジスタンストレーニングがトップスプリンターの最高出力を向上させた実験結果

かねてからの研究で、Peak Power Output(最高出力)が自転車の上での速度と強い正の相関があることは分かっている。 自転車競技に取り組むサイクリストは、最高出力を高めるため、筋肉のサイズとストレングス向上...
日記

パワートレーニングバイブルを再読

ハンター・アレン、アンドリュー・コーガン博士共著の『パワー・トレーニング・バイブル』を再読した。1回目は大学に入学したとき、パワートレーニングを本格的にやってみようと思って読んだ。正直難解な数式や、末尾添付資料に飛ばなければならないことが...
思考

プロロードレーサーの時間の使い方

学生だった頃は、練習に充てる時間は平日でせいぜい2時間、休日にロングで4,5時間乗って、週間の練習時間は大体15,6時間だったように思う。 プロになってからはパーソナルコーチに練習メニューを組んでもらっている。5日間のステージレース...
思考

レースがない期間のモチベーションの保ち方

コロナウイルスの影響ですべてのUCIレースがキャンセルになって3か月がたった。幸い、所属する愛三工業レーシングでは昨年の12月、1月、2月とレースを走って、他チームが2020のシーズンインにしているレースで2019シーズンを締めくくったの...
思考

自転車競技と減量のはなし

自転車ロードレースを競技としてやっている人なら誰しも一度は考えたことはあろう、減量。近年ではパワートレーニングが脚光を浴びて、パワーウエイトレシオ(体重1kg当たりのする仕事率)を向上させることが速さに直結すると取りざたされ、ますます減量...
思考

Zwiftは実際のレースの代わりとなり得るか?

画像はzwift公式サイトより。 コロナウイルスの流行でサイクリストも少なからず不要不急のサイクリングは控えようというコンセンサスがとれ、当然の帰結として、バーチャルサイクリングのソフトウエア、Zwiftが流行している。 Zw...
思考

マラソンにもパワーメーター?

先日、マラソンが趣味の知り合いと話をする機会があり、ランニング用パワーメーター、strydの存在を知った。 リンクはアフィリとかじゃないので安心してクリックしてください。ランニングシューズの靴紐部分に取り付け、ランニング中の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました