ロードレーサーの交通マナーについて思うこと

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

先日、某育成チームの選手がチームジャージを着て練習中(リュックを背負っていたので通学中とも思える)に信号無視をしている映像がtwitterにてさらされ、プチ炎上といった感じになった。ロードレーサーの交通マナーについては以前から思うところがあったのでこの機会に意見を書いてみたい。

ロードレーサーの交通マナーは悪い?

ロードレーサーの交通マナーは、正直良いとは思わない。自分の身の周りでも、車の信号が赤で、歩道に歩行者用信号が設置されていないような場合に、横断歩道を突っ切っていったり、もしくは時に平然と赤信号を突っ切っていったりしている自転車を見ることはよくある。中には交通マナーをしっかりと守って自転車に乗っている人も多くいるのだろうが、たいていの場合、良い行動よりも悪い行動の方が目立ってしまうもので、一人でも交通マナーの悪い自転車乗りがいると、それによって自転車乗り全体の印象が悪くなってしまうものだ。

では、マナーの悪いロードレーサーがマナー悪く運転してしまう理由はどこにあるのだろうか。

スポンサーリンク

自転車の扱いは道交法的にグレー

僕はこれが原因だと考えている。道交法の自転車の扱いを要約すると、「自転車は軽車両に分類されるので車道の左側を走行するが、交通量の多い道や道幅が狭く危険と判断される場合歩道を歩行者優先で走行することが認められる」といった具合だ(原文を確認したわけではないので相違がある場合コメントで教えてください)。

つまり運転者本人の判断によって、ときに車道、ときに歩道を走行して良いことになっており、これを悪用して信号無視をしたり、ときに逆走したりして道路を縦横無尽に駆け巡っているのが現状だ。

そして、これが自動車の運転免許を持っている自転車乗りであれば、これらの行為は意図的であり疑う余地もなく悪なのだが、自転車事情にはもうひとつ問題がある。

スポンサーリンク

自転車は車両なのに免許がいらない

自転車は小さい子供も乗ることができる。これに免許はいらない。学校などで交通安全教室などは定期的に行われているようなので、あまりスピードのでないいわゆるママチャリなどで近場に買い物に行くような場合はあまり問題にならないと考えるが、これがロードバイクとなると話が違ってくる。

ロードバイクのようなスピードの出る自転車で歩道を走るのは歩行者を危険にさらすため、自分の安全のためにも車道を走行することになると思う。しかし、中学生や高校生で自転車競技をやっている若い選手が車道を走行するとき、彼らは年齢的に、(原付の免許を持っていることはあれど)少なくとも自動車運転免許を持ってはいないだろう。

すなわち軽車両は交差点で二段階右折をする必要のあることや、各種道路標識の意味を理解しないまま運転していることになる。理屈的には、気づかずに高速道路に乗ってしまっても何も不思議な点はないわけで、こんなことが実際に起こったら死亡事故につながりかねずとても危険だ。

僕が高校入学時に自転車競技を始める際は、親から道路交通法のテキストを渡され、巻末にある実際の運転免許試験の模擬問題で合格点に達することが条件だった。我が子の身の安全を案じてのことだったと思うが、自動車のドライバーにとっても、免許を取ることのできない年齢の自転車乗りが全員これくらいのことをしてくれたらありがたいだろうと思う。

僕は自転車の種類によって、たとえばロードバイクのようなスピードの出る自転車に乗るときは、一定の講習を受ける必要があるとか、免許に近い形で一定の知識の取得を担保する必要があると思う。

スポンサーリンク

2020/6/30から施行される改正道交法

今月末から道交法が改正され、煽り運転が飲酒運転と同じ違反点数になる。また自転車にも関係する話としては、自転車の煽り運転は危険運転として摘発され、危険運転で2回指導されると、有料の講習を受けるよう義務付けられるようになる。

これはマナーの悪い自転車乗りがはびこっている自転車界にはよい知らせと思うが、依然として自転車乗りのマナー改善にはもっと徹底した意識改革や制度改革が求められると思う。

スポンサーリンク

結論: お互いを尊重しあうべき

外で練習をしているロードレーサーは、あくまで交通のために使用されるべき道路を練習のために使わせてもらっているという意識を持つべきだし、一方で自動車のドライバーも、我が物顔で道路をはしり自転車に嫌がらせをして良いわけではもちろんないので、お互いが気持ちよく公共財である道路を使えるよう広い心を持つべきだ。

自動車運転免許の講習で一番最初に習う項目は思いやり譲り合いだ。免許を取得したころの初心を思い出し、また免許を持っていないロードレーサーの人はこれを肝に銘じて(というか自動車運転免許を取得できるレベルの知識を蓄えてから外を走ろう)、お互いに気持ちよく道路を使いたいものだ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました