レースレポート

【敢闘賞!】2人で逃げた大分いこいのみちクリテリウムのレースレポート

先週の広島ロードレースのディフェンシブな走りを受けて、チームの西谷コーチと話した。 「年間ランキングでそれだけ上位にいると、そういう欲も出てきてしまうのもわかるけど... あくまでチームが求めているのは優勝。」 知らず知らずに...
レースレポート

【広島ロードレースday2】待ちに待った集団スプリント!だったのに……

広島のコースで集団スプリントになる機会は、そう多くない。 その意味で、非常に貴重な機会を逃し8位に終わった、広島ロードレースday2のレースレポートをお届けする。 前日に行われたday1はこちら↓ コース: ...
レースレポート

【5位】Jプロツアー広島ロードレースday1レースレポート

そろそろ「勝てる力はある」とか「惜しくもチャンスを逃した」とかは言っていられなくなってきた。 「勝ち切るだけの力がない」と考えないといけない広島ロードレースday1のレポートをお届けする。 コース: 広島森林中央公園健脚コース...
レースレポート

【集団先頭ゴール】西日本ロードクラシックday2,10位のレースレポート

【レース名】西日本ロードクラシックday2 【コース】広島中央森林公園の健脚コース 【距離】12.3km x 10周, 123km 【メンバー】伊藤選手、住吉選手、僕、當原選手、中川選手、貝原選手 【結果】伊藤選手...
レースレポート

【8位レースレポート】序盤の無駄足が終盤まで響いた西日本ロードクラシックday1

【レース名】西日本ロードクラシックday1 【コース】広島森林中央公園の健脚コース 【距離】12.3km x 5周, 61.5km 【メンバー】伊藤選手、住吉選手、僕、當原選手、中川選手、貝原選手 【結果】僕の8位...
論文覚書

【論文覚書】5週間の暑熱トレーニングがエリートサイクリストのヘモグロビン質量を増大させた実験結果

暑い中での練習は通常の練習に比べてパフォーマンスが下がるし、嫌いな選手は多い。 僕は夏は好きだけれども、うだるような暑さの中で飲み物が尽き、干からびながら自転車にのってコンビニを探すときのつらさというのはほかの何にも代えがたい。 ...
論文覚書

【論文覚書】自転車に特化したアイソメトリックレジスタンストレーニングがトップスプリンターの最高出力を向上させた実験結果

かねてからの研究で、Peak Power Output(最高出力)が自転車の上での速度と強い正の相関があることは分かっている。 自転車競技に取り組むサイクリストは、最高出力を高めるため、筋肉のサイズとストレングス向上...
レースレポート

【レースレポート】繰り返されるインターバル、激しすぎた宇都宮ロードレース

プロになってから様々なレースを走らせてもらっているが、ここまで激しいインターバルのレースは初めてかもしれない。それくらい骨の髄まで出し切るレースになった。 【コース】宇都宮森林公園特設コース【距離】6.7km x 11lap...
レースレポート

【レースレポート】チームとして機能できたがトラブルに阻まれた宇都宮クリテリウム 

レースで勝つのはいつも難しい。というセリフがもはや枕詞になってきて良くない。 【コース】清原工業団地内特設コース 【距離】50キロ 【メンバー】伊藤選手、住吉選手、岡本選手、草場選手、自分、當原選手、中川選手、貝原選手...
日記

【日記】宇都宮クリテリウム前日の練習内容と暑さ対策、TSB数値公開など

明日から始まる宇都宮クリテリウムに出場するため、宇都宮に入っている。 愛知県内独自の緊急事態宣言の影響を受け、我々も会社として遠征を自粛するか否か、問題になったが、仕事なのでひとまずゴーということになり、前回の群馬に...
タイトルとURLをコピーしました